○ マッチ鍼灸整骨院は

 日本車椅子ソフトボール協会の

 活動を応援しています。

○当院は車椅子ソフトボール

 協会の協賛スポンサーです。

ロゴをクリックしていただきますと協会

ホームページをご覧になれます。

 

 

  • Black Instagram Icon

Instagram更新中 ➡

鍼灸治療

【鍼灸治療の効果】

 

 

①調整作用(整腸作用) - 組織、器官に一定の刺激を与え、その機能を回復させる。

 

②鎮静作用 - 痛みやケイレンのような異常に機能が高くなっている疾患に対して行う。刺激した場所の組織を落ち着かせる事により痛みを抑える。

 

③興奮作用 - 感覚が鈍くなっていたり、消失あるいは脳梗塞後遺症のような運動麻痺により神経の伝達が弱くなっていたり、内臓諸器官の機能減退に対して機能を活性化させる。

 

④誘導作用 - 血管に影響を及ぼして充血を起こして患部の血流を調節する。

  • 患部誘導法(患部誘導作用) - 患部に鍼を打つことで打った部位の血管を拡張させ患部に血液を集める

  • 健部誘導法(健部誘導作用) - 健部に鍼を打つことで打った部位に炎症部などの集まった血液を健部に集める

 

⑤反射作用 - 痛みや温度で刺激して、反射の機転を利用して治療を行う

 

⑥転調作用 - 自律神経失調症、アレルギー体質などの体質改善で用いる。

 

⑦消炎作用 - 白血球を増加させて患部の炎症を抑える。

 

⑧免疫作用 - 白血球を増加させて、免疫機能を高める。

 

⑨防衛作用 - 白血球を増加させ免疫系を活性化させる。

 

 

 

【鍼ってどんな物を使用するの?】

 

 

極めて細いステンレス製の鍼を使用しています。太さは男性の髪の毛くらいの太さのものを経穴(ツボ)に刺入していきます。主に管鍼法という円柱の金属または合成樹脂のつつを用いて刺入します。

 

当院では全て1回限りの使い捨て鍼(ディスポ鍼)を使用していますので感染症の心配はありませんの安心して治療を受ける事ができます。

 

 

鍼灸治療はWHO(世界保健機管関)で有効性が認められています

 

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。
 
≪神経系疾患≫
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
 
≪運動器系疾患≫
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
 
≪循環器系疾患≫
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
 
≪呼吸器系疾患≫
気管支炎・喘息・風邪および予防
 
≪消化器系疾患≫
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
 
≪代謝内分秘系疾患≫
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
 
≪生殖、泌尿器系疾患≫
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
 
≪婦人科系疾患≫
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
 
≪耳鼻咽喉科系疾患≫
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・
へんとう炎
 
≪眼科系疾患≫
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
 
≪小児科疾患≫
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、
偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息
アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
 
 
【鍼灸の歴史】
 
 
発症は戦後後漢(B.C5世紀~A.D3世紀)その実態は
体に加えた様々な物理刺激による治療経験則の数世紀
にわたる集積、これを技術論として構築した技法を鍼灸治療という。
 
日本では17世紀~19世紀に鍼灸の独自の発展を遂げ現在世界的に活用されています。
 
20世紀後半には欧米においても有用な医療技術として認識され活用されるようになりました。
 
WHOは1996年10月28日~11月1日にセルビアで鍼灸に関する会議が開催されています。
 
又、1999年には鍼灸治療の基礎教育と安全性に関するガイドラインを提示しています。
 
 
UNESCOでは「伝統中国医学としての鍼灸」(Acupuncture and moxibustion
of traditional Chinese medicine)として2010年11月16日に無形文化遺に指定されています。
 
現在は世界中で最もポピュラーな代替医療として認知されています。
 
 
 
 
 
 
 

当院の治療法

主な疾患

​東京の眼精疲労専門治療院にオススメ治療院として紹介されています。