○ マッチ鍼灸整骨院は

 日本車椅子ソフトボール協会の

 活動を応援しています。

○当院は車椅子ソフトボール

 協会の協賛スポンサーです。

ロゴをクリックしていただきますと協会

ホームページをご覧になれます。

 

 

  • Black Instagram Icon

Instagram更新中 ➡

眼精疲労

眼精疲労と眼疲労は違うの?

デスクワークにPC作業、日々目を酷使している現代社会、最近は疲れ目と縁のない人はいないと言っても良い社会になりました。

皆さんは疲れ目に「眼疲労」と「眼精疲労」があるのをご存じですか?

地域や年代によって言い方が違うわけではなくちゃんと理由があるのです。両者の一番の違い、それは目の疲れの重さなのです。

では「眼疲労」と「眼精疲労」はどの様に判断するのか?

【眼疲労】

​一般的な目の疲れ

睡眠をとるなど休息をとると自然に解消される症状、その為体への悪影響はほとんど無い

【眼精疲労】

休息をとっても回復されなず目の疲れや目の奥の痛みが慢性的に続いてしまっている状態その為、疲れや痛みにより十分な休息がとれない状態になり肩こりや頭痛など目以外に二次的な影響が体に起こっている事もあります。

この状態になってしまった場合は何らかの改善策をとらない限りは改善は難しくなります。

簡単に説明すると

「眼疲労」は軽度の症状

「眼精疲労」は重度の症状となります。

【眼精疲労を起こす4大要因】

①環境要因

パソコン作業におけるモニターの高さ、モニターの明るさ、室内の乾燥、周辺機器の騒音

など

②心的要因

ストレスや心配事、悩み、不安による影響で落ち着かない、寝付けないといった精神的な症状を引き起こす事があります。体に対しても胃潰瘍や慢性疲労症候群などといった症状の一つとして眼精疲労が起こることがあります。

③視器要因

屈折異常(近視・遠視・乱視)調節異常(老眼)度の合っていないメガネやコンタクトレンズの着用

④目の病気によるもの

治療をしてたり生活習慣を気を付けてみても、なかなか改善しない眼精疲労は緑内障や白内障、斜視、斜位、眼瞼下垂など、目やその周辺組織の病気によるものも考えられます。その際は一度医療機関を受診して下さい。

しかし上記の4つのうちひとつの原因では症状が軽い事が多いのですが、原因が2つ3つと重なる事で眼精疲労となり症状も重たくなっていきます。そして期間が長ければ長いほど深刻化していきます。

その様な状態にも関わらず眼精疲労を目薬や目の周りだけをマッサージしてその場しのぎをしていると姿勢の変化とともに肩こりや頭痛といった体の異常が現れてきます。

なので目だけでなく全身をしっかりとチェックして評価に基づいて根本から治療をしない事にはまた目薬生活に逆戻りです。

ですので眼精疲労の原因をしっかりと突き止めそれを改善していく事が眼精疲労改善の近道なのです。

【まずは自分で原因のチェック】

眼精疲労だと感じたあなたはきっと目を酷使してきた事により症状が出ている(出てきそう)と感じているかと思います。しかしほとんどの方は自分でどの様な原因で眼精疲労になったかを把握していません。

なのでまずは眼精疲労になった原因をセルフチェックしていきましょう。

① いつ頃から目の疲れを感じる様になりましたか?

② 疲れを一番強く感じるのは何時ごろですか?

③ 目の疲れを感じる1~3ヶ月前に生活環境や職場環境の変化はありませんでしたか?

④目の疲れが軽減する方法を知っていますか?

⑤眼鏡やコンタクトレンズの度数は合っていますか?

⑥コンタクトレンズは何時間着用していますか?

⑦睡眠は十分にとれていますか?又熟睡出来ていますか?

⑧休日はリラックスできていますか?

⑨持病はお持ちですか?お持ちの方は持病は安定していますか?

⑩過去に目の病気をした事はありませんか?

 

まずは上の10項目をチェックする事で自分がどの様な生活をしているのかを見つめ直してみましょう。

先程、目薬や目の周りだけをマッサージしても段々と症状は悪化すると言いましたが、目の生活習慣を見直したうえで目薬や目のマッサージをすると効果を発揮してくれると思います。

【自分でできる眼精疲労対策】

①目を休ませる

②目を温める、冷やす

③目の体操を行う

④目の周りのマッサージ、ツボをおす

⑤目薬を使用する

⑥リラックスする

⑦疲労を回復させる食事をとる

⑧鍼治療を受ける

マッチ鍼灸整骨院では眼精疲労治療に力を入れています。

眼精疲労をそのままにしておくと交感神経を刺激して2次的に様々な症状が現れます。

また、姿勢が悪くなる事により呼吸が浅くなったり血液循環が悪くなる事によっても様々な症状が現れてきます。当院での治療法は交感神経の緊張を鎮め原因となっている部位をひとつひとつ丁寧に緩めていきます。眼精疲労をたかが目の奥の痛みと思わずにしっかりと治療しましょう。

よく目の奥が痛くなった、急に頭痛がしたと訴える方もいますが、急にではありません、症状が出ていなかっただけ、症状がでたという事は危険信号なのです。これ以上症状を悪化させないためにも早めに対処していきましょう。

当院の治療法

主な疾患

​東京の眼精疲労専門治療院にオススメ治療院として紹介されています。